テントを設営する上で注意するポイントとは

テントを設営するときの注意ポイント

キャンプに行ったら、まずすることといえば、テントの設営です。初めての設営だと、いろいろわからないことがあると思います。
そこで、テントを設営するときの注意点についてお教えいたします。

 

1、設営する場所を選ぶ
平らな場所があれば、ベストですが必ずしもあるとはかぎりません。傾斜がある場所に設営しなければならない場合、入り口は傾斜の下側にしましょう。急に大雨などに見舞われた時、水の侵入を防ぐことができます。また下が岩などでゴツゴツしていると、寝心地が悪いので、できるだけ岩や石のない場所を選びましょう。おすすめは落ち葉などで、下が柔らかい場所です。川辺にテントを設営する場合、川が急に増水する可能性も考えて、少し高い場所に設営しましょう。

 

2、協力して設営する
テントは広げると大きいので、一人で設営するのは大変です。仲間と協力の精神を示して設置しましょう。

 

3、ペグの打ち方に注意する
テントは4隅をペグを打ち込んで固定します。このペグを垂直に打ち込んでしまうと、抜けやすくなってしまいます。ペグはテントの反対側に傾けて、打ち込むならテントは強風にも耐えるほど安定します。またペグはしっかり打ち込まないと、足を引っ掛けて転倒する恐れがあるので注意しましょう。

 

以上、テント設営の注意点でした。